【フルマラソン サブ3 】カーボローディングで気をつける3つのこと

サブ3達成するために、カーボローディングをしようと考える人もいると思います。

カーボローディングはマラソン後半の失速の対策として有効です

しかし、注意することもあります。カーボローディングに失敗すると思うように走れないかもしれません

今回はぼくの失敗談を元に、カーボローディングで気をつける3つのこと についてお話します。

気をつける3つのこと
  • はりきって食べ過ぎる
  • 普段と違うものを食べる
  • 遠征先の食事

はりきって食べ過ぎる

気をつけるべき1つ目は、はりきって食べすぎることです。

カーボローディングを始めるときは、食べすぎに気をつけてください

「さあ、カーボローディングをするぞ!」

ってはりきって、いきなりたくさん食べがちです。

食べすぎるとお腹が痛くなるかもしれません。お腹が痛くなると、逆に食べられなくなります。

たぬき
SNSでカーボローディングの写真をアップしてる人がいて、ものすごい量だった。
まつむ
「そんなに食べて大丈夫?」って思ってしまう。

ぼくも食べ過ぎたことは、何回もあります。カーボローディングの初日にたくさん食べてしまいました。その結果、お腹が痛くなり、食べる量がカーボローディング前に戻ってしまいました

食べる量は徐々に増やしていくとよいです。

普段と違うものを食べる

気をつけるべき1つ目は、普段と違うものを食べることです。

カーボローディングだからとって、特別なものを食べる必要はないです。普段と同じものがよいです。

特別なものを食べると、体が慣れていないので調子が悪くなる可能性があるからです

ぼくも、カーボローディングで普段から食べないものを食べたことがあります。

普段食べない物
  • おもち
  • ラーメン
  • スポーツ店で売ってる栄養食品

それが原因でおなかが痛くなったことがありました。

普段食べているものの量を増やして食べるのがよいです

遠征先の食事

気をつけるべき1つ目は、遠征先の食事です。

レース前日に遠征先で宿泊する場合は、思うような食事ができないかもしれません

失敗談

ぼくが京都マラソンを走ったとき、京都駅付近に宿をとりました。前日は京都駅付近のコンビニでおにぎりを買ってカーボローディングしようと思っていました。「京都駅前だしコンビニはあるだろう」と考えてました。

ところが、コンビニのおにぎりが売り切れていました。みんな同じことを考えていて、僕より先におにぎりを買っていたのです。

おにぎりは事前に買っておけばよかったと思いました。

このように、遠征先では予想外のことがあります。遠征先でレース前日に宿泊する場合は、

  • お店をピックアップする
  • 食事を買っておく

など、食事についてはしっかり考えたほうがいいです。

まとめ

今回はカーボローディングで気をつける3つのことについてお話しました。

気をつけること
  • はりきって食べ過ぎる
  • 普段と違うものを食べる
  • 遠征先の食事

カーボローディングをするときは、今回の内容を参考にしてみてください。

カーボローディングの方法は↓から。

【フルマラソン サブ3】後半失速しないためのカーボローディング

2019.01.02

調整方法についてまとめた記事は↓から。

【フルマラソン サブ3】2週間前からの調整の方法

 

 

 

 

コメントを残す