【フルマラソン サブ3】会社の人から嫌味を言われたら無視する

サブ3のために練習をやっていたら、必ず会社の先輩や役職者から嫌味を言われます。会社員なら誰もが経験したことがあるはずです。

今回は、その嫌味を言われたときにどう対応すればいいのか?というテーマでお話します。

 

嫌味を言われたら無視する

 

嫌味を言われたら無視しましょう。嫌味に対応しても、何もいいことはない。いちいち相手にしてたら、自分が消耗するだけ。対応に疲れて、サブ3のトレーニングに影響することとやばい。

会社は、「仕事以外に趣味を一生懸命やることは大事。」と言うかもしれない。でも、趣味を一生懸命やっていると、嫌味を言ってくる社員はいる。会社とはそういう組織です!

サブ3の練習メニューは趣味のレベルを超えている。なので、嫌味を言ってくる社員も多くなる。

会社にいたら嫌味は絶対言われるものと思ったほうがいい。

僕が言われた嫌味
  • 「会社にこびっとる」
  • 「きちがいや」
  • 「マラソンやってる奴はダメだ」

嫌味を言われたら無視すること

先輩社員だろうが、役職者だろうが、関係ない。

嫌味を真に受けてはいけない

 

嫌味を真に受けて、サブ3達成をあきらめることは絶対やったらダメ

絶対に、絶対に、だ。

これをやってしまうと、あなたも別の人に嫌味を言う人になってしまうから。いつか、後輩社員に嫌味を言う人になるだろう。

 

嫌味を言う人は、何もやっていない人。少なくとも、サブ3達成同等のことはやっていない。

やっている人は、嫌味を言わない。自分の趣味で忙しいから。嫌味を言っているほど暇ではないのだ。

嫌味を言う人の意見を真に受けることは、何もやっていない暇人の意見に従うことと同じ

暇人の意見聞き入れる必要ないでしょ?

嫌味は真に受けてはいけない。無視するのが一番。

 

マラソンチームに入るといいよ

 

でも、やっぱり、社員から言われることを真に受けてしまう。。。

って、思っている人の解決策。

それは、マラソンチームに入ること。マラソンチームに入ると、嫌味なんてどうでもよくなってくる。

 

マラソンチームでは、どれだけマラソンをやっても嫌味は言われない。むしろ、練習したことをSNSにアップすると応援してもらえる。SNSにアップしなくても、メンバーとの会話でも応援される。

そうなると、マラソンチームが楽しくなってきて、会社で言われた嫌味に深く考えなくなる

 

会社の仕事はしっかりやって、マラソンは会社と切り離す。マラソンの話はマラソンチームでする。それが、嫌味に対する対応策の1つ。

 

まとめ

 

会社の人から嫌味を言われたら無視する

嫌味に対応しても何もいいことがないから。

嫌味を真に受けて、サブ3達成をあきらめることは絶対やったらダメ。

嫌味に嫌気がさしたら、マラソンチームに入ろう!

 

コメントを残す