【85分切りならず】犀川ロードレース 1人ハーフマラソン 完走記

金沢ロードレースが中止になったので、犀川の河川敷で勝手にハーフマラソン( 犀川ロードレース )をしました。

犀川の市民芸術村付近 – 8号線付近 の往復6km × 3 + 1.5km で折り返し3km + 100m のコースです。

結果を先に言うと、ぎりぎりで85分切りを達成できませんでした

 レースのルール

2週間前の木場潟フルマラソンと同じく、大会と条件を合わせるために以下のルールを決めました。

  • スタート時刻は 3/22 8:00で天気の都合などで変更しない
  • セルフエイドはスポーツドリンクのみ

もちろん、厚底シューズは使いません。( 厚底を否定しているわけではなく、金銭的な問題で買えないのです泣 )

1人マラソンはモチベーションが上がらない

前日から天気予報を見ていたのですが、走る時間帯だけ雨&風速8mと悪条件でした。「スタート時間変えようかな?」と思いました。2週間前のふくらはぎ痛で練習もぜんぜんできてない状況で、「あえて悪条件で走る必要があるのか?」ともんもんとしていました。

しかし、「いやスタート時間を変えたらロードレースにならんやろ。行くしかないやろ。」と悪魔のささやきが聞こえたので、予定通り走ることにしました。

目標

悪天候なので、目標を下方修正して、

82分30秒切り → 85分切り

に変更しました。

レースの回想

予定通り8:00 にスタート。雨は降ってませんでした。でも、風はすごく強いです。

今回も終始一人旅。

思ったよりも向かい風の影響が少なく、キロ4を切るペースで走れています。

  • 5km – 19’50
  • 10km – 39’48
  • 15km – 59’57

でも、追い風であんまりペースアップできてないなあって感じです。

途中で、すれ違ったランニングチームが「頑張れ」って応援してくれました。後半で余裕がなくなってきたところだったので、ありがたかったです。

17km付近、雷が鳴って、急に雨が降り出しました。大粒の雨、ゲリラ豪雨と思われます。他のランナーやロードバイク乗りは橋の下で雨宿りしてます。

でも、ぼくはここまできたらやめるわけにはいかないのでそのまま走ります。

風も強くなって前も見えず、上手く進めません。疲れと雨の影響で、ペースが落ちているのがはっきり分かりました。

18kmの最後の折り返しの給水。「ここで止まって給水したら、そのままやめてしまいそう。」と思ったので給水をしませんでした。

19km過ぎてから向かい風と大雨で、ペースが4’17/km まで一気に落ちます。

  • 20km – 1:20’35

20km過ぎてラスト1km。ここで雨が上がりました!!!少し余裕があったので、ペースアップして後れを取り戻します。目標の85分はぎりぎりで切れるか!!!

しかし、残り50mくらいで時計は85分を超えてしまいました

タイムは、1時間25分11秒( 4’02/km )でした。

85分切りはできなかったですが、残念ながらこれが今の実力です。

今までの中で6番目のタイムでした。

↓今回の結果

 

↓今回のラップ

1人でも意外とできると分かった

今回の件で、マラソン大会が中止になっても1人でもガチで走れることが分かりました。

中止は嫌だけど、また中止になったら1人でもやってやろうと思います。

2週間前の1人フルマラソンの結果は↓から。

【サブスリー達成しました】木場潟フルマラソン完走記 #デジマラ

2020.03.10

ハーフマラソン関連の記事は↓から。

ハーフマラソンで85分切りを目指す人がやってはいけないこと

2020.01.13

ハーフで85分切れれば、フルマラソンサブ3はできるのか?

2020.01.14

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です