5時間ペースランナーをやる人が知っておきたいこと

今回金沢マラソン2018で初めて5時間のペースランナーをさせてもらった。

今回の経験をもとに、今後5時間のペースランナーをやる人が知っておきたいことをまとめてみた。

知っておきたいこと
  • ペース配分は6:40 /km を基準に
  • 事前の走行計画は綿密に
  • エイドの給水給食は確実に

 

ペース配分は6:40 / km を基準に

フルマラソンで5時間を切るためには、7:07/km でずっと走り続ける必要がある。

でも、大会では7:07/km ペースより早く走る必要がある。その理由として、

  • スタート時間までのロス
  • エイドのロス

があるから。

これを考慮すると、7:07/km で走っても5時間は切れない。

 

今回の金沢マラソンの場合

スタート地点はGブロックの後方から。スタート地点通過まで9分30秒かかった。

給水エイドは16ヶ所。うち給食エイドは6ヶ所。給水では15秒、給食では60秒のロス。なので、合計で

15秒×10 + 60秒×6 = 510秒 = 8分30秒

スタート時間までのロスとエイドのロスを合計すると、18分のロスがある。5時間のペースランナーは、実質4時間43分で走らなければならない。4時間43分でフルマラソンを走るためには、6:42/km ~ 6:43/km のペースで走る必要がある。

つまり、6:40/km が基準となる。

 

事前の走行計画は綿密に

事前の走行計画を綿密にしなければならない理由は、ランナーからの質問に答えるため

今回の金沢マラソンでは、

どのくらいのペースで走る予定なのか?

ということを一番聞かれた。

 

この質問をするランナーの気持ちはよく分かる。私も去年サブ3目標で走っているとき、ペースランナーはどのペースで走っているのか気になった。ペースが速くなったり遅くなったりすると、「ペースランナーはどういう計画で走っているのか?本当にこのペースランナーについていっていいのか?」と思い不安になったものだ。

 

だから、ペースランナーは計画通り走ることも大事だが、ランナーからの質問に答えられるようにしておかなければならない

この質問に答えられなかったら、ランナーが不安になる。ペースランナーの信頼性が失われる。これは絶対に避けなければならない。

 

事前の走行計画は綿密に打ち合わせしておいて、ペースランナー全員がどのくらいのペースで走る予定なのか把握しておかなければならないだろう。

 

 

エイドの給水給食は確実に

 

ペースランナーといえども、ランナーであることに間違いない。AIが走っているわけではない。走っていれば、喉も乾くし、お腹も減る。

ペースランナーは自己ベストよりも遅いペースで走っていると思うが、エイドの給水給食は確実にしなければならない

遅いペースだからってなめていると、脱水症状になったりハンガーノックになったりして、ペースが急激にダウンする。早いペースだろうと遅いペースだろうとここはあまり関係ないと思う。

特に、5時間のペースランナーは、5時間という長い時間を走ることになる。5時間も給水給食しないで走ることは非常に危険。

 

ついつい周りのランナーばかり気にしがちだが、自分のエイドの給水給食もしっかりしておくべき。

 

まとめ

 

5時間ペースランナーをやる人が知っておきたいことの記事をまとめてみた。

知っておきたいこと
  • ペース配分は6:40 /km を基準に
  • 事前の走行計画は綿密に
  • エイドの給水給食は確実に

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です