【フルマラソン】ロング走の必要性を感じた 能登和倉万葉の里マラソン

能登和倉万葉の里マラソンを走りました。

第1回大会から参加して、11回目の参加になりました。

今回はロング走の必要性を大きく感じたレースになりました。

 

レース前の状態

 

今回は、1カ月前から15km より長い距離の練習をやっていません。2月の月間距離は、150km 未満。。。

右ひざのふくらはぎと腸脛靭帯のケガが原因です。練習の中心が、ちょい早めの10km のジョグがでした。。。10km以上走ると痛くなる。。。

 

そんな中、レース1週間前に15km走をしました。とりあえず、15kmを 4:12 / km ペースでは走れていました。陸上競技場だったからはケガの影響は少なかったです。

【フルマラソン サブ3】一週間前の15kmペース走からゴールタイムを予測してみる

2019.03.03

 

  • 15km走の結果
  • 練習の状況
  • ケガの状態

を考慮して、4:30 / km ベースにして3時間15分切りを狙うことにしました。10年ぶりにサブ3を狙わないレースになりました。

 

石川ランナーズ☆のNewTシャツ

レースの結果

 

結果は、3時間22分22秒でした。目標から7分以上の遅れ。コースワースト3位、8年ぶりに3時間20分を切れないというレースでした。

 

30km までは想定通りに走れていました。

しかし、30km 以降で徐々にペースが落ちてきて、35km でガクッとペースダウンしました。5:00 / km も切れない状態でした。

 

ケガの影響は全くありませんでした

今まで走れなかったのは何だったの?」って思うほど、全く痛みがなく走れました。走り終わった後も痛みがなく、むしろ走る前よりいい状態でした。

スタート前の整体がよかったのか、靴を新しくしたのがよかったのか?

アシックスのソーティマジックとナイキのズームフライを履き比べてみた

2019.02.08

 

ロング走の必要性

 

 

今回30km 以降でペースが落ちたのは、ロング走ができていなかったことが原因と思われます。

8年前の3時間20分切れていいなかったときもロング走はやってませんでした。

このときは、フルマラソンでロング走をやるという知識すらなかった。

 

結局、ペースを落としても、ロング走をやってなかったら、30km 以降は失速することには変わりはなかったです

ロング走の必要性を改めて痛感しました。フルマラソンはやっぱり甘くはなかった。。。

 

おわり

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です