金沢マラソン 4時間ペースランナー 完走記

金沢マラソンでは4時間のペースランナーとして走らせていただきました。

今回は4時間ペースで走ったときの記録を忘備録として残します。

今後ペースランナーをやる人のためになればと思います。

 

序盤のペースが上がらなかった原因

スタートしてから10キロ地点までは想定のペースより遅れていました。スタート地点通過のタイムロスは考慮しているにもかかわらず。

遅れてしまった原因は、周りのランナーが多すぎたこと

ペースを上げようとしても、前に走っているランナーが壁になっているため、ペースダウンします。

特に4時間切りを目指すランナーは大勢います。おそらく一番のボリュームゾーンと思います。

なので、序盤は大勢の集団になります。このため、序盤はペースが上がらなくて、想定より遅くなってしまいました。

 

遅れてしまったペースを一気に取り戻すことはできません。一気にペースアップすると後ろのランナーがついてこれなくなるからです。1km あたり2~3秒くらい想定より速く走るようにしました。

10km~20kmは下り区間だったので、なんとかペースを取り戻せました。

 

中盤で足に疲労がたまる

 

20kmを過ぎてから、一気に足が重くなり、大腿四頭筋が痛くなりました。

4時間切りのペースは、僕が100kmマラソンを走るときと同じくらいのペースです。100kmマラソンの20km地点ではこんなに痛くなることはないのに。。。

なのに、なぜ今回は一気に足が重くなったのか?

その原因は、序盤でランナーを抜くときに足を使いすぎたことです。

ランナーを抜くときに、一瞬スピードを上げます。抜いた後はもとのペースに戻します。このストップ&ゴーがよくなかったです。

100kmマラソンを走るときはこんなことはしません。

 

「途中でトイレに行ったら、もうこの集団に追いつけないだろう」

 

そう思うくらい足がやばかったです。トイレを我慢して走り続けました。

ランナーを抜くときは要注意です。

 

終盤は後ろのランナーにげきを飛ばす

 

僕は30km を過ぎたくらいでようやく声かけを始めました。

幸いにも他のペースランナーが声かけをしていたので、終盤で余裕がでるまで、僕はペースを保つことに集中しました。

 

  • 「あと、10km」
  • 「ここはねばって」
  • 「このペースならサブ4いけますよ!」

 

終盤の辛いところで一体になって走れたような気がしました。

そのおかげか、ラスト1kmで後ろのランナーがみんなペースアップしました。げきを飛ばそうと後ろを振り返ると誰もいない。。。

 

なので、前から落ちてくるランナーにげきを飛ばしていました。

 

さいごに

 

 

3時間59分57秒で無事ゴール。序盤のペースダウン、中盤の足の痛みがありましたが、上手くペースコントロールできたと思います。

ゴールでは「おかげで4時間切れました。」と泣きながらお礼を言われました。

本当にうれしいことです。

 

反省点は多々ありますが、よい経験となりました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です