【フルマラソン サブ3 レース】ペースランナーについていく利点

今回は、ペースランナーについていく利点 についてお話します。

サブ3のペースランナーがいる大会は、ペースランナーについて行くほうがよいです。サブ3達成に大きく近づくでしょう。

 

ペースランナーについていく利点

 

ペースランナーについて行く利点を3つ。

ペースランナーについていく利点
  • ペース配分を気にしなくていい
  • アドバイスをもらえる
  • 給水をもらえる

 

ペース配分を気にしなくていい

ペース配分はペースランナーがやってくれるので、自分でペース配分しなくてよいです。時計をみなくても、ペースランナーにずっとついていけばサブ3達成できます。

1人で走っていると

  • 「ペースちょっと早いから落とさないと」
  • 「ペース遅れているし頑張らないと」
  • 「ペースを一定にしないと」

と考えながら、時計とにらめっこしつつ、走ることになります。いろいろと考えるので、ストレスになります

ペースランナーについて行くと、このストレスがなくなります。ペースについて考える必要がないので、その分走りに集中できます

ペースランナーについていくときは、ペースランナーのすぐ後ろを走りましょう。ペースランナーと離されすぎると、これもストレスに感じます。

 

アドバイスをもらえる

サブ3のペースランナーからアドバイスをもらえます。このアドバイスは力になります。アドバイスをもらって気がつくこともあります。アドバイスは非常にありがたいです。

アドバイス
  • 「このペースならサブ3楽勝ですよ。」
  • 「ペースランナーに引っぱってもらいましょう。」
  • 「ペースランナーのすぐ後ろを走りましょう。距離開けないように。」
  • 「腕の力を抜いて~」

などのアドバイスがもらえます。

レース後半は疲れで考えられなくなっているので、特にアドバイスが身にしみります。

 

給水を渡してくれる

給水エイドでペースランナーが給水を渡してくれることがあります。ペースランナーが余分に給水を取って、ランナーに渡してくれます。

サブ3ペースで走る場合は、給水を取れないことがあります。後半は疲れていて手も動かなくて、さらに給水を取りにくくなります。

 

取れなかった時にペースランナーから給水を渡してもらえるとすごくありがたみを感じます。

 

ただし、絶対渡してくれるという保証はありません。取れなかったとき、渡してくれたらいいなあと思っていたほうがいいです。

 

まとめ

 

ペースランナーについていく利点
  • ペース配分を気にしなくていい
  • アドバイスをもらえる
  • 給水をもらえる

サブ3のペースランナーがいる大会は、ペースランナーについて行くほうがよいです。サブ3達成に大きく近づくでしょう。

 

サブ3達成するためのレース戦略は↓のページを参考にしてください。

フルマラソンでサブ3達成するためのレース戦略

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です