【フルマラソン サブ3】サブ3達成しやすいベストな気象条件は?

サブ3達成のために、気象条件が大きくかかわってきます

どれだけ練習しても、『めっちゃ暑くてサブ3できなかった~』ってことも多々あると思います。気象条件はタイムに大きき影響します。

では、ベストな気象条件はどんなときなのでしょうか?

今回はサブ3達成しやすいベストな気象条件についてお話します。

 

サブ3達成しやすいベストな天候
  • 天気 : 曇り
  • 気温 ; 少し肌寒い
  • 風 : 無風

 

天気 : 曇り

 

晴れよりも曇りのほうが、日差しがない分、サブ3達成しやすいです。

 

「晴れのほうが気持ちよく走れるんじゃないの?」

完走が目標だったら晴れの日のほうが気持ちいいです。

でも、サブ3が目標なら、日差しは敵になります。日差しを浴びると体温が高くなり、汗をかきやすくなって、体内の水分が奪われます。脱水は後半の失速につながります。

 

晴れだったら、日差しの対策をしたほうがよいです。

日差しの対策
  • 帽子をかぶる
  • 給水を多めにとる
  • 給水所で水をかぶる

 

気温 : 少し肌寒い

 

暖かい日より、寒い日より、少し肌寒いくらいの気温が一番タイムが出やすいです10℃前後がベストと思います。

 

「暖かい方が走りやすいんじゃないの?」

走っているうちに暖かくなります。

暖かい日だと、走っているうちに体温が上がって、気温以上の体感温度となります。

応援者は暖かい日のほうがありがたいですが、サブ3達成目標のランナーは少し肌寒い日がよいです。

ただし、少し肌寒い日だと、スタートを待っているとき体が冷えます。ポンチョなどで体を冷やさないようにします。

 

暖かい日の場合

体温が高くなります。晴れの日と同じで、給水所で水をかぶるとよいでしょう。

寒い日の場合

寒すぎて体が動かなくなります。アームウォーマー、手袋などで対策を。ロングソックスもお勧めです。

11月2月3月のマラソン大会が少し肌寒い日になりやすいのでサブ3達成しやすいです。

 

風 : 無風

 

言わずもがな、風が強い日より、風がない日のほうがタイムが出やすいです。無風がベスト。

 

「風あるほうが場合によってはずっと追い風になるのでは?」

公認コースのルールがありまして、ずっと追い風になるようなコース設定はできません

 

ランナーにとっては雨よりも風のほうが敵になります。

向かい風はスピードが落ちます。そのわりに、追い風は相当強い風でない限り、恩恵を受けにくいです。

 

天気予報では、天気と一緒に風速も確認したほうがいいでしょう。

コースごとに風が強いポイントがあります。そこを考慮してレースプランを立てておくとよいです。

 

まとめ

 

ベストな気象条件は以下のときです。

サブ3達成のベストな天候
  • 天気 : 曇り
  • 気温 : 少し肌寒い
  • 風 : 無風

11月2月3月がベストな気象条件になりやすいです。その時期だとサブ3達成しやすいかも。

 

質問はこちらから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です