【100km マラソン サブ10】サブ10したとき携帯したもの

100km マラソンでサブ10を狙うとき、何を持っていけばいいのか?

サブ10を狙うなら軽量化のため、必要最低限のものをもっていきたいです。重くなった分だけタイムが落ちます。

今回は、僕がサブ10達成したときの携帯したものをお話しします。

サブ10達成したとき携帯したもの
  • エネルギージェル
  • スマホ
  • フリップベルト

エネルギージェル

 

後半の失速対策のために、エネルギージェルを携帯しました。

エネルギージェルの利点
  • 軽い
  • 素早くエネルギー補給できる
  • 走るのにじゃまにならない

また、急に空腹感があったときに役に立ちます。

 

エネルギージェルは、使いなれているものを携帯したほうがよいです。使ったことないものをレースでいきなり使用すると、お腹が痛くなるかもしれません。

初めて100km マラソンを走ったとき
某エネルギージェルを10km 間隔で使用しました。「10km間隔で使用するといいよ。」と勧められたからです。ところが、50km過ぎてからお腹を壊して、食べ物を受け付けなくなりました。このエネルギージェルは僕に合っていませんでした。事前に試しておけばよかったと後悔しています。

 

僕が使用したエネルギージェル


SAVAS ザバス エネルギージェル ウメ味 CZ5271 ピットイン リキッド ☆★【dl】STEPSPORTS


【Power Bar】パワーバー POWER GEL FRUIT パワージェル フルーツ (レッドフルーツパンチ)【dl】STEPSPORTS

スマホ

 

スマホは気分転換になるので、ちょっと重いですが持っていきました。

スマホの利点
  • 写真が撮れる
  • レース状況をSNSにアップできる
  • 応援者と連絡できる

100km マラソンでサブ10を狙うといっても、1分1秒をあらそうものではないです。ずっと走り続けるのは無理です。僕は、後半の厳しい登りは歩きました。

こんなときに、スマホでSNSを見て、同じマラソン走っているラン友さんの状況を確認するのもいいと思います。

トレイルランでは、スマホが必須装備になっている大会もあります。緊急時のためにもスマホは持っていたほうがいいです。

フリップベルト

 

ポーチの代わりとしてフリップベルトを使いました。

 


フリップ ベルト FlipBelt ジェットブラック ランニングポーチ【dl】STEPSPORTS

 

腰にフィットするので、走るのにじゃまにならないです。通常のポーチと比べて、ものを持って走っている感じがしません

スマホもエネルギージェルも収納できます。チャックは不要なので、取り出しも簡単です。

 

気をつけることは、フリップベルトにはサイズがあること。

サイズが大きいとぶかぶかになります。サイズが小さいと腰がしめつけられて使えません。ショップで買うときは、できるなら試着したほうがよいです。

 

まとめ

 

サブ10達成したとき携帯したもの
  • エネルギージェル
  • スマホ
  • フリップベルト

サブ10を狙うなら軽量化のため、必要最低限のものをもっていったほうがいいです。

100km マラソン サブ10のまとめ記事は↓から。

100km マラソンでサブ10達成するためにやったことまとめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です