【100km マラソン サブ10】サブ10達成するためのレース戦略

今回は、サブ10達成するために立てたレース戦略についてお話しします。

レース戦略
  • ペース : 5:30 / km をベース
  • 手荷物預け : 着替え、シューズ交換はしない
  • 雨天時の対策 : 市販のポンチョを使用

ペース : 5:30 / km をベース

 

サブ10達成するために、5:30 / km で走り続けるようにしました。エイドロス、後半の失速を考慮すると、このペースが一番よいと思いました。

もちろん、上りと下りでペースは変わります。

 

上り

傾斜にもよるが、6:00 ~ 7:00 / km で走るようにしました。

傾斜がきついところや後半の上り区間は歩きました。無理して走っても体力を消耗するだけです。歩きとそんなにタイムは変わらないです。

上りは体力を温存しました。傾斜がゆるくなったり、平地になったり、走れそうになったら走るようにしました。

 

下り

傾斜にもよるが、4:30 ~ 5:30 / km で走るようにしました。

調子に乗ってペースを上げすぎないようにしました。ペースを上げすぎると膝の負担が大きくなり、後半の失速につながります。

 

手荷物預け : 着替え、シューズ交換はしない

 

手荷物預けでは、タイムロスを減らすようにしました。そのため、着替え、シューズ交換をしないようにしました。

 

着替えはしない

サブ10したときは着替えをしませんでした。着替えなくても問題なく走りきれました。

着替えは時間がかかります。疲れで手が思うように動かないので、普段よりも時間がかかります。悪天候だとさらに時間がかかります。

着替えは10分かかると思ったほうがよいです。

 

シューズ交換もしない

これは野辺山100kmマラソンに限った話かもしれませんが、シューズ交換もしませんでした。

野辺山100km ウルトラマラソンは前半トレイル区間があります。42kmでトレイルシューズからランシューズへの交換が推奨されています。
2019年はコース変更になっています。

着替えと同じく、シューズ交換も時間がかかります。チップの付け替えもあり、さらに時間がかかります。

シューズ交換は5分かかると思ったほうがいいです。

ランシューズでトレイル区間を走ってもそんなに時間は変わらないです。なので、シューズ交換のロスを抑えました。

 

雨天対策 : 市販のポンチョを使用

 

雨天対策として、市販のレース用のポンチョを使用しました


asics(アシックス) ランニング ポンチョ メンズ・レディース XTG162

 

スタート前から雨が降っていたら着用して走ります。

途中から雨予報なら、ポーチに入れて持って行きます。袋から出しておけば、ポーチに入れておけます。軽いのでそんなにじゃまにならないです。

雨が上がったら、ポーチにかけておくこともできます。再び、雨が降ったら着用します。

もう雨が降らないって確信が持てるなら、エイドのごみ箱に捨てます。

 

アシックスのレース用のポンチョは、軽くて薄いわりにはそんなに濡れないです。若干ですが風からも守ってくれます。

ゴミ袋を切り抜くのはあんまりお勧めしません。走りにくいし、耐久性も弱いです。

まとめ

 

レース戦略
  • ペース : 5:30 / km をベース
  • 手荷物預け : 着替え、シューズ交換はしない
  • 雨天時の対策 : 市販のポンチョを使用

100km マラソン サブ10のまとめ記事は↓から。

100km マラソンでサブ10達成するためにやったことまとめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です