【フルマラソン サブ3 練習】実はウオーキングが効果のある練習だった

サブ3達成のために、ウオーキングが効果のある練習だと気がつきました。

フルマラソンは長時間走ります。ウオーキングで長時間歩いたことが、サブ3達成の良い練習になっていたのです。

 

ウオーキングのおかげでサブ3達成できた話

 

僕の経験談です。

 

僕は東京マラソン2013でサブ3達成できたのはウォーキングのおかげと思っています。

 

当時は東京転勤していました。地元の金沢と比べて、東京は歩くことが多いと感じていました

  • 駅の入り口から電車の乗り場まで
  • 電車の乗り換え

など、電車に関係するところで歩くことが多いです。

 

さらに、当時は東京77箇所巡りということをやっていました。東京マラソンコース沿いの77箇所のスポットを巡ります。かなり歩きました。3週間で30km以上は歩いたと思います。

30km 走をやる前日、やった後、次の日も歩きました。

 

たくさん歩いたおかげで、足腰がかなり鍛えられた

 

東京マラソン2013はサブ3を達成できました。

 

その後、金沢に戻ることになりました。

 

金沢に戻ってきてから、サブ3が全然できなくなりました。走力はサブ3したときと同じかそれ以上のはずです。

 

サブ3ができなくなった理由を考えました。金沢で歩かなくなってしまったことが原因と思いました。

金沢の移動はほとんど車です。歩くとしたら駐車場までの100m くらい。東京にいたころと比べて、全然歩かなくなりました。

 

東京にいたときと比べて、『明らかに運動量が減っている。』という実感がありました。

 

サブ3達成したときは、長時間歩いたので長時間走ることに耐えられるようになったのだと思います。

 

ウォーキングもサブ3達成の一つの練習法

 

ウォーキングもサブ3達成の一つの練習法と考えています。

走ることより負荷は軽いので、長時間ケガのリスクを抑えて練習できます。3時間走と同じような効果が期待できます。

 

  • 走らない日
  • ケガをしているとき

 

にウオーキングをやるとよいかと思います。小分けでもいいので、たくさん歩くようにしたほうがよいです。

 

普段車移動を多用している人は、わざと歩く機会を作ってもいいのではないでしょうか?

 

まとめ

 

サブ3達成のために、ウオーキングは効果のある練習の一つです。走る練習に比べて、長時間けがのリスクを抑えて練習できます。

 

質問はこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です