【フルマラソン サブ3】1人で30km 走をできないならサブ3は厳しい

今回は、1人で30km 走をできないならサブ3は厳しい というテーマでお話しします。

『誰かと一緒じゃないと30kmなんて走れないよー。』

って言ってたら、サブ3は難しいと思います。

仕事などで忙しいあなたは、1人で30km走をしないといけない状況がくるからです。

こんなときにさぼっていたら、サブ3から遠のきます。

いつも誰かと一緒に練習できるわけではない

マラソンチームなどで

「日曜日にサブ3ペースの30km走やろうぜ。」

と呼びかけても、1人も集まらないこともあります

周りにいる人はみんな忙しい社会人です。あなたの都合のいい時間に、同じペースで走ってくれる人はなかなか見つかりません。

よくあることでしょう。

でも、あなたは次の日曜日に30km走をするスケジュールになっています。こんなときは1人で30km 走をしなければいけません。

「一緒に練習してくる人いないし、また今度にしようかな。」

って言ってたら、30km走をやるのが後回しになります。下手すると時間がなくなって30km走ができないかもしれません。

サブ3達成から遠のいていきます。他人のペースに合わせていたらダメです。

誰かと一緒に練習するより、たとえ1人でもスケジュール通りに30km 走をすることが大切です

練習会をきっかけに1人で30km 走できるようになろう

といっても、まったくやったことないのに、1人で30km走するのは不安と思います。

それならば、練習会をきっかけにしてみてはどうでしょうか?あなたのまわりにも30km走の練習会はあると思います。それに参加して30km走の感覚をつかみます。

感覚がつかめれば、あとは1人で30kmを走るだけです。

1人で30km走るハードルがぐっと下がります

30km 走は、1人でやっても練習会でやってもやることは変わりません。30km を走るだけです。練習会でできれば、1人でもできるはずです。

知り合いが誰もいない練習会でも大丈夫です。あなたと同じことを考えている人たちばっかりです。すぐに打ち解けられるでしょう。1人で30km走ができるようになるために、練習会に参加することはよいことです。

まとめ

1人で30km 走できないならサブ3達成は厳しいというお話をしました。

30km走をやりたいって思っても、一緒にやる人がいないことはよくある話です。そんなときは、1人でやるしかないです

30km走の練習会があったら参加してみましょう。そして、そこで30km走る感覚をつかんで、次は1人30km走に挑戦します。

30km走についてまとめた記事は↓を参考にしてください。

【フルマラソン サブ3】30km走の練習方法

月間200kmでサブ3する練習メニューは↓の記事を参考にしてください。

【厚底シューズ未使用】月間200kmでサブ3するための練習メニュー

 

 

コメントを残す