【フルマラソン サブ3 練習】夏場にペース走やってもペースは落ちるよ

夏場にペース走をやって、

「いつもよりペースが上がらない。調子悪いんかなあ。」

って思っていませんか?

夏場にペース走をやっても、ペースは落ちます

 

夏場のペース走はペースが落ちる

 

夏場は暑いので、ペース走をやってもペースは落ちます。冬場に10km を4:00 / km で走れたとしても、夏場は 4:20 /km になるかもしれません。

男子マラソンの世界記録が 2:01:39 ( ベルリンマラソン )に対して、2015世界陸上の1位のタイムが 2:12:27 です。これだけタイム差が出るのは、単純に世界陸上が夏場に開催されて暑いからです。世界のトップランナーも暑いとペースは落ちます。

 

だから、夏場にペースが落ちるのは、あなたの調子が悪いからではありません。なので、ペースが落ちてもあせらないように

『ペースが落ちてもそんなもん。』

と、思って大丈夫です。

 

むしろあせって頑張るのとやばいです。

『やばい。ペースが上がらない。もっと頑張らないと。』

と思って、頑張りすぎると脱水症状で倒れるかもしれません。夏場は脱水症状になりやすいです。

 

夏場のペース走は、ペースが落ちるのが当たり前なので、ペースが落ちてもあせらないように。

 

 

夏場はペース走をやらない

 

夏場はペース走をやらなくてもよいです。。僕がサブ3達成したときも、夏場のペース走はやっていませんでした。

夏場のマラソン大会はほとんどないので、大会が近くなってからやればよいです

 

ペース走の代わりに、

  • 300m のインターバル走
  • 30km の峠走

などを中心にやるとよいです。

 

300m のインターバル走

夏場でもそんなにペースを落とさずにできます。落ちても1~2秒くらいでしょう。

ペース走の目的はサブ3達成のスピードを身につけることなので、夏場はこの練習でオーケーです。

ただし、暑いので冬場よりもきつくなります

  • インターバルを長めにとる
  • 給水を多くとる
  • 回数を減らす

などの工夫が必要です。

 

30km の峠走

アップダウンの激しい峠道を走る練習です。

ペースはその日のコンディションに合わせます。無理してペースを上げる必要はありません。

3時間走 と同じで、フルマラソンを走り切る体力をつけることが目的です。

 

まとめ

 

夏場にペース走をやっても、ペースは落ちます。みんな落ちるので、あせらないように。無理して頑張るのはダメです。

ペース走をやらずに、

  • 300m のインターバル走
  • 30km の峠走

などを中心にやるとよいです。

 

質問はこちらから。

 

コメントを残す