300mインターバルでペースを保つためにやった3つのこと

フルマラソンでサブ3をするために、300mインターバルをしました。

内容
  • 300mダッシュ×15~20本 0’56~1’00
  • 100mのインターバル 1’05

結果、300mを15本やって全部1’00を切れました。6本目からきつくなってきましたが、最後までペースが落ちなくてよかったです。

今回はぼくがペースを保つためにやったことをお話します。

ペースを保つためにやったこと
  • 最初の100mは目線を下げる
  • 次の100mは腹筋に力を入れる
  • 最後の100mは腕を強く振る

最初の100mは目線を下げる

最初の100mは前を見ずに目線を下げました。ペースを上げないようにするためです

後半できつくなっているとはいえ、インターバルの直後なのでペースが上がりがちです。前を見るといつも通りの走って、ペースが上がりそうでした。

なので、意識して目線を下げることでペースを抑えました

目線を下げることで力も抜けて走れました。力を温存している気持ちになりました。

次の100mは腹筋に力を入れる

100mを走ったら腹筋が痛くなってきます。陸上競技場では100m-200m区間はカーブしているため、腹筋を使うところでもあります。

なので、100-200m区間は腹筋に力を入れるようにしました。お腹をへこますイメージです。

腹筋に力を入れることで体がぶれないような感じで走れました

腹筋に力を入れることに意識を集中できたので、きついところで気を紛らわすことができました。

最後の100mは腕を強く振る

最後の100mが一番きついところです。スピードが落ちやすいところです。

そこでペースを保つために、腕を強く振ることを意識しましたペースが落ちる分を腕振りでカバーするイメージです。

腕を強く振ると自然とスピードができました。体も軽くなったような感覚でした。

この方法は、本番のレースでも使えると思いました。最後のラストスパートで腕を振ることを意識すれば、さらなるタイムアップができそうです。

まとめ

今回は300mインターバルでペースを保つためにやった3つのことというテーマでお話しました。

参考にしていただければと思います。

ペースを保つためにやったこと
  • 最初の100mは目線を下げる
  • 次の100mは腹筋に力を入れる
  • 最後の100mは腕を強く振る

フルマラソン サブ3の練習方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です